faxdmの効果的な文章について

faxdmを難しく考え過ぎている方を多く見かけます。
もちろん多くのFAX原稿や成功事例パターンを調査され今回送られる案件に力を注ぐ事は当然の努力となりますが、安価なfaxdmの場合実際にトライされる事をおすすめ致します。

文章作成には、「○○の法則」が多く有ります。

ご存じで無い方は、一度ネット検索お願いします。

例:「PASONAの法則」・「AIDA法則」などもちろん法則に基づいて文章を作成されるのも良い事ですがfaxdmはA4原稿1枚ですので段階を踏まえた「○○の法則」では文章が多くなり内容がまとまらず文字ばかり多く印象の薄い原稿を良く見受けます。

※faxdmの場合文章のはじめと最後が印象に残りやすくその他複数の情報が多く有る場合頭の中で情報整理に時間が掛かり行動を鈍くします。

faxdmに必要な文章校正とは

faxdmに必要な文章パターンの概要は、

  • 「キャッチコピー」
  • 「イメージ画像」
  • 「メリット文章」
  • 「申し込みの後押し」
  • 「申し込みのフォーム」

など必要な物が多く有ります。

その他の「法則」をA4原稿1枚へ詰め込むのは無理が有るのでは無いでしょうか

私がfaxdmにて収益を上げた文章パターンはとてもシンプルな内容となります。

  1. fax原稿始めに少し大きめな文字で「キャッチコピー」※あなたの進める商材の最大のメリット
  2. 「サブキャッチコピー」※キャッチコピーに対する簡潔な説明文
  3. 「メリット文章」※先方が得られるメリット説明
  4. 「申し込みの後押し」※ほとんど「キャッチコピー」と同じ内容

進める「商材・サービス」にもよりますがほとんどこちらのパターンで大丈夫です。

一度手書き原稿(イメージ)を作成され複数の方(出来れば御社ビジネスに携われた従業員の方)と確認されると良い原稿になります。

faxdm文章で結果損な古いパターン

良くありがちな「○○なあなたへ」「○○でお困りのあなたへ」の「キャッチコピー」は今では「グレーなイメージ」と受け取られがちです。

faxdmの成功の為に情報を集め過ぎますとこの「フレーズ」にどこかでたどり着きます。

「共感」や「煽り」が過ぎますと読み手に不信感を抱かせる結果となります。※ただし「オーダーな方」に当たれば成約となる事もありますが・・