faxdm最適な文字について

コストパフォーマンスに優れたfaxdmですが文字(フォント)に
より「読みやすい・読みにくい」(伝わりやすい・伝わりにくい)が存在します。
先方のfax機より印字される文字はストレス無く読みやすい文字で無ければなりません
先方のfax機にもよりますが文字がつぶれてしまったりかすれて読みづらくなってしまう事が有ります。

faxdm文字フォント選びと簡単な注意点

それらを考えますとfaxdmに適した文字(フォント)は「ゴシック体」となります。
もちろん「明朝体」がかならずfaxdmには不向きとはなりませんが先方に丁寧なイメージを伝えたく
「明朝体」を使われる場合文字サイズが小さくならないように気を付けてください

完成したfax原稿を実際にfax送信して確認してみるのがベストです。

faxdm原稿を作成する際、有る程度の情報を伝える為に文字数が多くなってしまい文字サイズが小さく
なりがちとなります。その際は「明朝体」よりも「ゴシック体」のつぶれにくく読みやすい文字が有効となります。
ただしあまりにも文字サイズが小さくなりますと最悪読めない可能性も有りますので注意が必要となります。
一般的に「家庭用fax機・ビジネス用fax機」では受け取り側の原稿の鮮明差に違いが有りますので
今回のfaxdmのターゲットを考え文字の選択に注意する必要が有ります。
どんなに良い案件も伝われなければ意味のない迷惑なfaxdmとなります。